本文へスキップ

福祉サービス

厚木あんしんセンター(日常生活自立支援事業)

 判断能力が不十分な高齢者や障がい者のために、下記のサービスを提供しています。


あつぎしあわせライフサービス

対象者 厚木市内在住の高齢者、心身障がい者、母子父子家庭などで支援が必要な方
    ※利用会員としての登録が必要です。
内 容 家事援助サービス、介助サービス、生活援助サービス、相談
提供者 この制度の趣旨を理解し、協力会員として登録している熱意と真心を持った健康な方
利用料 基本利用料 1時間900円(月〜金曜日 9時〜17時)※基本利用時間外は割増料金
※パンフレットは、こちら


ひばり号(福祉有償運送事業)

対象者 厚木市内在住でつぎのいずれかに該当し、公共交通機関の利用が困難な方
    @介護保険の認定を受けている方(要支援1〜2、要介護1〜5)
    A身体障害者手帳の交付を受けている方
    B精神障がいや知的障がい等により単独での移動が困難な方
    ※事前登録と原則、付添介助者が必要です。
運行日 年末年始を除く、日〜土曜日の8時30分〜17時15分
利用料 支払方法は、本会の「運行利用券」または、厚木市の「福祉タクシー利用券」で支払い。
    利用者宅から目的地までの距離を対象とし、片道1回、次の料金がかかります。
    @走行距離5q以内は、600円
    A走行距離5q超から10q以内は、1,200円
    B走行距離10qを超える場合は、1,800円
    ※運行範囲は、厚木市内及び本会から概ね20q以内
申 込 利用日の1か月前から3日前までに電話(046-225-2947)でお申し込みください。
    なお、車両の設備点検や修理等により、ご希望に応じられない場合もあります。
    運行利用券は、厚木市社会福祉協議会で販売しています。(1枚600円)


車いすの無料貸出

対象者 @厚木市内在住で高齢や障がい、病気、ケガ等により車いすを必要とする方や家族
    A福祉教育関連の講座等を開催する関係職員
期 間 2か月以内 ※延長は、その後1か月以内
利用料 無料


厚木市社協 居宅介護事業所(障害者総合支援法に基づく居宅介護事業)

対象者 障害者総合支援法により、居宅介護の支給決定を受けた方
    ※事前に利用契約が必要です。
内 容 居宅介護、同行援護
時 間 月〜金曜日(祝日、年末年始を除く)9時〜17時
※パンフレットは、こちら


資金の貸付

生活福祉資金貸付制度の相談と貸付業務を行っています。
※詳しくは、こちら

緊急援護資金
※厚木市にお住まいの低所得世帯で、臨時的な支出などにより、一時的に生活費が不足した世帯に少額な資金の貸付をいたします。
 なお、その時の相談状況によっては、貸付の対象にならない場合もあります。


福祉総合相談

開設日 月〜金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分〜17時15分
場 所 神奈川県厚木市中町1-4-1 厚木市保健福祉センター5階 厚木市社会福祉協議会
内 容 日常生活における福祉に関する心配や悩み、困りごとなど。
    制度の問題から貸付けなどの経済的な面まで幅広く、お気軽にご相談いただけます。

 

厚木市権利擁護支援センター

厚木市権利擁護支援センターは、成年後見制度の利用促進と地域連携を推進し、高齢者や障がい者
の権利擁護を普及啓発するとともに、権利侵害の予防・解消を目指します。
 また、成年後見制度の活用により、「誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らし」が実現できるよ
うに支援をします。
 令和2年8月1日より、これまでの業務を拡充し、中核機関を設置します。
 中核機関とは、権利擁護や成年後見制度の利用が必要な方に、支援が行き届くよう地域連携の中心
的な役割を担う機関です。


 
成年後見制度の利用促進に関すること
  
○成年後見制度の相談
     権利擁護に関する相談に対し、成年後見制度等の利用を検討し、今後の方向性について一緒
     に考えていきます。専門職による相談も受け付けています。
 
 ○チーム支援・地域連携ネットワークづくり
     権利擁護の支援が必要な方に、チームとして関わる体制づくりを進めていきます。福祉だけ
     でなく、法律や医療分野の専門職との連携を図り、ネットワークの構築を進めます。
  
○申立ての手続き支援
     家庭裁判所に申立てをする際に必要な書類の説明や、申立書の書き方、内容確認等の支援を
     行います。
  
○後見人等の支援
     親族等が後見人等に選任された後の後見業務についての相談をお受けします。
  
○講演会・研修会・出前講座の開催
     成年制度の理解を深められるよう、講演会や研修会等を開催します。ご依頼に応じて、出前
    講座などを随時開催します。
  
○市民後見人の育成
     成年後見制度の担い手の確保のため、市民後見人の育成や活動支援を行います。
  
○法人後見の普及啓発
     市内法人等からの法人後見に関する相談を受け付けるとともに、市と協議しながら法人後見
    活動を普及啓発します。
  

 成年後見相談

 成年後見制度の利用方法や後見人の実務に関すること等、弁護士や司法書士が相談をお受けします。
  *弁護士による成年後見相談
  相談日:毎月第3木曜日 13:00〜14:00(1人1時間)
  *司法書士による成年後見相談
  相談日:毎月第2・第3水曜日 13:00〜15:00(1人1時間)
    ※どちらも事前予約制です。相談日の1週間前までに電話、FAX、メールでご連絡ください。
    ※相談は無料です。

終活相談
自分らしい人生の最期を迎える準備について(遺言書の作成、遺産相続、任意後見制度、財産管理、死後の事務の委任契約等に関すること等)、司法書士が相談をお受けします。
  対 象:市内在住で、ひとり暮らしの高齢者又は高齢者世帯で身寄りのない方
  相談日:毎月第2・第3水曜日 14時〜16時(1人1時間)
   ※事前予約制です。相談日の1週間前までに、電話、FAX、メールでご連絡ください。


専門職との連携
  *チーム支援アドバイザーの派遣
  成年後見制度の利用を含め、権利擁護の支援において専門的なアドバイスが必要な方がいる場合に
 本センターから専門職(弁護士・司法書士・社会福祉士・行政書士)の派遣を行います。

  *候補者調整会議の開催
  成年後見制度の申立てにあたり、本人の支援状況からどのような成年後見人等の候補者が適切であ
 るかを専門職を交えて会議を行います。候補者の調整が必要な場合は、センターにご相談ください。


高齢者・障がい者の虐待に関すること
 高齢者・障がい者の虐待に関する通報、届出を受付し、関係機関との連携を図り支援します。


厚木市権利擁護支援センターパンフレット
中核機関設置案内リーフレット


このページに関するお問い合わせは、援護係(電話 046-225-2947)まで


社会福祉法人 厚木市社会福祉協議会

お問い合わせ等は、こちら

〒243-0018
神奈川県厚木市中町1-4-1
厚木市保健福祉センター内
TEL.046-225-2947(代表)
FAX.046-225-3036

総務係
soumu@shakyo-atsugi-kanagawa.jp
援護係
engo@shakyo-atsugi-kanagawa.jp
地域福祉係
tiiki@shakyo-atsugi-kanagawa.jp
ボランティアセンター
v-center@shakyo-atsugi-kanagawa.jp
厚木市権利擁護支援センター
kenri@shakyo-atsugi-kanagawa.jp